ニッパーのおはなし
あの昭和の時代を彩った、
蓄音機の前で耳を傾ける犬「Nipper」のおはなし。
ニッパーの原画
ビクター・マークの由来

ビクター・マークの原画は、1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれました。

フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、弟のフランシスが兄の息子とともにニッパーをひきとり育てることになりました。ある日、たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入ったのです。フランシスはそのニッパーの姿に心を打たれ、早速筆をとって一枚の絵を描き上げました。 その時の蓄音器は録音・再生ができるシリンダー式でしたが、後に円盤式に画き変えられ、「His Master's Voice」とタイトルをつけたのです。

亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを深く感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として1900年に登録しました。それ以来、この由緒あるマークは最高の技術と品質の象徴として皆さまから深く信頼され、愛されています。

ニッパーのおはなし
あの昭和の時代を彩った、
蓄音機の前で耳を傾ける犬「Nipper」のおはなし。
ニッパーの原画
ビクター・マークの由来

ビクター・マークの原画は、1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれました。

フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、弟のフランシスが兄の息子とともにニッパーをひきとり育てることになりました。ある日、たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入ったのです。フランシスはそのニッパーの姿に心を打たれ、早速筆をとって一枚の絵を描き上げました。 その時の蓄音器は録音・再生ができるシリンダー式でしたが、後に円盤式に画き変えられ、「His Master's Voice」とタイトルをつけたのです。

亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを深く感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として1900年に登録しました。それ以来、この由緒あるマークは最高の技術と品質の象徴として皆さまから深く信頼され、愛されています。

recommend